病気のリスクと予防法

片頭痛を引き起こす原因 痛みを和らげる5つの秘訣

頭痛というと、脳や全身の病気が原因の症候性頭痛、アイスやかき氷を食べた時などに起こる生体反応としての頭痛、そして慢性的に痛みが起こる片頭痛など慢性頭痛の3種類に分けられます。



いつもの頭痛だろう。風邪でもひいたのか?肩こりからの頭痛だろうなどと放っておくことはとっても危険です。


脳腫瘍・くも膜下出血・脳梗塞など命の危険に直結する頭痛もあれば、風邪などからくる頭痛もあるので簡単に自己判断をしてはいけません。


★☆★目次★☆★

 ・慢性頭痛の種類
 ・片頭痛
 ・慢性頭痛の対処方法 
 ・薬物乱用頭痛に要注意!!
 ・ツボ押し
 ・頭痛を予防


慢性頭痛の種類

慢性頭痛は、脳自体に異常はないが定期的にあることが起因となり頭痛が起こるのです。


慢性頭痛は、原因や痛みを感じる部分・痛み方によって緊張型頭痛・片頭痛・群発頭痛の3種類に分けられます。


緊張型頭痛

痛みの特徴は、ギューっと締め付けられたりズシっと重いような痛み。


痛みが出る箇所は、後頭部から首 肩こりや目の痛みも生じることもあります。


緊張型頭痛の原因は筋肉の緊張です。


姿勢が悪かったり、骨格の歪み・肩こりや首こり・眼の疲れ・歯のかみ合わせの悪さ・精神的ストレス・緊張などが原因で起こります。


緊張型頭痛の中にも反復性緊張型頭痛と慢性緊張型頭痛があります。


反復性緊張型頭痛は首や肩のコリ、パソコン作業など同じ姿勢を長時間とっていたり、うつむいて本を読むなど不自然な体勢をとり続けたりすることで、頭周辺の筋肉が硬くなって痛みがでます。
こまめに離れてリフレッシュを心がけましょう。
理想は1時間に5分程度歩いたりストレッチや筋膜リリースができるといいですね。


また、パソコン作業が画面をずっと見ているので視神経にも疲れがでて負担もかかります。
〔疲れ目についてはコチラを参照→疲れ目対策10選 眼精疲労の原因はブルーライト?パソコン・スマホの使いすぎは危険です


歩き方や姿勢の悪さでも緊張型頭痛は起こります。
姿勢の悪さは背骨に対して頭の位置がずれていることでも起こります。


ワタシも以前ひどい頭痛持ちだったんですが、地元でちょっと有名なカイロプラクティックにいったら、頭が首と背骨に対して左に3センチくらいズレてるよと・・・


交通事故で右から強くぶつかられたろ、高いところから落下して頭を打ったことがないか?と聞かれましたが、ワタシが覚えているかぎりでは記憶になかったのですが、後日母に聞いてみると3歳くらいの時(30年以上前)に交通事故で右からぶつかられたことがある。と・・・


どうやら、その時から頭が数センチズレていたらしいのです。


ズレを直してもらってから、頭痛が全くなくなりました!!
骨のズレを治すことで慢性的な頭痛が解消されたのです♪♪



片頭痛

片頭痛の痛みは、ズキン!ズキン!と脈打つ様な痛みが特徴的です。


片側のこめかみあたりが痛む・体を動かすと痛みが強くなる、吐き気も伴うときもある・痛みを感じる時間が長いと72時間程(数日間)続く、ニオイや光・音に敏感にあるなどの症状があります。


日本人の8%ほどのヒトが片頭痛持ちと言います。


片頭痛の原因は血管の拡張と言われていますが、血管の拡張だけでなく血管周囲の炎症も痛みの原因ではないか?という説もあり、

三叉神経血管説が今のところ1番濃厚な原因とされていますが、片頭痛の根本的な原因は正確には解明されていません。



痛みのキッカケとなるのが、
*ストレスや緊張、睡眠不足・睡眠過多などの精神的な原因


*天候の変化(雨や台風など気温や気圧の変化)で発生する外部的環境


*アルコールや、カフェイン、脂肪分など食物が原因


*月経 女性ホルモンの影響 
などが挙げられます。


しかし、片頭痛を誘引する原因は人それぞれ。


結構ひどい偏頭痛持ちの友達がいます。
その人は、睡眠不足であったり、休日に寝過ぎたり、ストレスでイライラしている時に片頭痛を起こすことが多いそうです。


ワタシもそんなにひどくはないですが、雨が降りそうな日、雨降りの日に頭が痛くなったりします。
お天気のいい日はなんともないことが多いので、天候に左右されやすい体質のようです。


群発頭痛

毎日同じくらいの時間・期間に、頭蓋骨の目のくぼみ周辺から、前頭部・側頭部にかけて激しい痛みが発生する頭痛です。


発生するタイミングとしては睡眠中や夜に起こるヒトが多く女性よりも男性に多い頭痛の種類です。


同じ側ばかりに痛みが起こり特に目の奥あたりに強い痛みがある。


痛みの持続時間が1時間から2時間。はっきりとした原因は不明ですが、こめかみの血管拡張・自律神経の異常が原因とかんがえられています。


また群発頭痛はアルコールも起因となる場合もあります。


慢性頭痛の対処方法

慢性頭痛でも、種類によって痛みの場所や頻度、痛み方にも違いがあることが分かりました。


頭痛を和らげるにも種類によって対処方法にも違いがあるので、まずは自分の頭痛がどれなのか知ることも重要でしょう。


鎮痛剤

慢性的に頭痛を持つヒトが必ずと言っていいほど頼るのが鎮痛剤(痛み止め)でしょう。


片頭痛や緊張型頭痛で頭が痛い時、どの種類の鎮痛剤を飲みますか??


鎮痛剤と一言で言っても様々な種類があります。


アスピリン・イブプロフェン・イソプロピルアンチピリン・ロキソプロフェン・アセトアミノフェン・エルゴタミン・トリプタンなど、鎮痛剤の箱や説明書などで目にしたことのある名前がほとんどです。


バファリン
バファリンに含まれるのアスピリン。
痛みや熱を抑え早く効いて胃にやさしい、眠くなりにくいのでどのタイミングでも飲めるのが人気。


EVE
頭痛・肩こり・生理痛に効きます。
イブプロフェン・アリルイソプロピルアセチル尿素・無水カフェイン3つの成分が入った複合薬


ロキソニン
病院で処方される痛み止めの定番ロキソニン。


最近市販薬としても販売されるようになりました。
胃への負担も少なく痛みの原因物質を抑え、炎症を伴う痛みにも有効です。


他にも、ノーシン・ナロンエース・セデスなど市販の鎮痛剤がありますが、多くが解熱鎮静剤に催眠鎮静剤(眠くなる成分)、制酸剤(胃にやさしい)、生薬、カフェインなどが複合された物が多いです。


頭痛のみを抑えたいときは、解熱鎮静剤(単一成分)のみの頭痛薬を服用することをオススメします。


薬物乱用頭痛に要注意!!

頭痛がひどいからといって、痛くなるたびに市販の頭痛薬を飲んでいると、
薬物乱用頭痛を引き起こすことにもなりかねません...


薬物乱用頭痛を引き起こす要因

月に15日以上慢性的な頭痛が起こる
月に10日以上、市販の頭痛薬を服用している
朝から頭痛がある
いつも飲んでいる頭痛薬が効かなくなってきた
いつもの頭痛とは違う場所・痛み方をする


これらの症状に該当すると薬物乱用頭痛の可能性が高いです。


薬物乱用頭痛は、緊張型頭痛や片頭痛の頭痛を和らげるために服用していたはずが、頭痛の回数や痛みが強くなったりして頭痛薬の量がふえ常習化することで起こる頭痛です。


薬物乱用頭痛の対処方法としては頭痛薬をやめること。
そうすれば、薬物乱用頭痛はおさまります。


しかし、頭痛薬をやめると緊張型頭痛・片頭痛などの慢性的な頭痛の症状が出てきます。


どちらにしても頭が痛いことに変わりありませんが、薬物乱用頭痛の場合は飲み続ける限り毎日痛みが伴うので、いち早く断ち切ることが必要になってきます。



慢性的な頭痛の痛みが襲ってくるのでコチラの痛みに対処しながら少しずつ減らす、慢性頭痛予防策をとるなどして1ヶ月に10日以上服用しないように継続し続けていくことが大切です。


頭痛薬に頼らないで痛みを和らげる方法と紹介します。


ツボ押し

片頭痛や緊張型頭痛はツボを刺激することで痛みを軽減したり解消することが可能☆

頭痛が起きたとき、どこでも簡単に行えます。


頭痛に効果のあるツボは、頭のてっぺん(鼻と耳の延長が交わるトコロ)にある百会百会は頭痛に効果があるだけでなくリラックス効果も与えます。


首の後ろににある天柱風池首と肩の筋肉の緊張をほぐして、あたまの血液の出口機能を改善させる効果があります。
緊張型頭痛に効果のあるツボです。


片頭痛によく聞くツボが、目の外側のくぼみ(こめかみ)にある太陽
太陽は、片頭痛・眼精疲労に効果があります。


太陽を刺激するときに、合わせて印堂(眉と眉の中間)を押し、徐々に太陽へと移動させながらマッサージすると、より効果的です。


飲み物

頭痛薬にも含まれているようにカフェインはゆっくりとおだやかに痛みを取り除く効果があります。


カフェインには血管の収縮作用があり、血管拡張によって起きた頭痛にはとても効果的なのです。
カフェインの含まれるコーヒー・紅茶・緑茶・煎茶・烏龍茶などを飲むことで緩和することが出来るようです。


飲むタイミングとしては偏頭痛が起きた時です。
拡張された血管をカフェインが収縮してくれるので効果的です。



効果があるのか個人差がおおきいようなので、自分に合うのか様子を見ながら試してみましょう。
飲みすぎは逆効果にもなりますので、1日1杯から2杯を目安にするといいでしょう。


冷やす・温める

片頭痛の場合、患部(額や頭部)首筋を氷枕・濡れタオルなどで冷やすことも血管の収縮を促し痛みを和らげる効果があります。


緊張型頭痛の場合は逆に温めることで痛みが和らぎます。

緊張型頭痛は肩こり・首こりや眼精疲労が原因となり血管が収縮することで頭痛が起きます。


緊張型頭痛と片頭痛は、頭痛のメカニズムが全く逆になるのです。


緊張型頭痛は血管が収縮することで痛みが起こり、片頭痛は血管が拡張することで痛みが生じます。
ですから緊張型頭痛の場合は、お風呂で温まる・カイロなどで温めるなどして、とにかくあたためることで緩和されます。


逆に片頭痛の場合は、とにかく冷やすことで痛みが緩和されていきます。


食べ物で予防

食べ物で頭痛と緩和したり予防することも出来ます。


片頭痛を緩和させる栄養素として代表的なのがマグネシウムとビタミンB2です。


血液の循環を良くする効果のあるゴマ。



ゴマはマグネシウムを豊富に含んでいます。
マグネシウムは血管を弛緩させる作用があるので片頭痛の改善に大変効果が高いと言います。


ゴマと同じく、アーモンドやカシューナッツ・バナナなどにも同様の効果があるようです。


ビタミンB2は、納豆・レバー・ウナギ・乳製品・ほうれん草などの葉物野菜に多く含まれている栄養素です。
これらを、普段の食事に積極的に取り入れることで偏頭痛の頻度を減らせるという効果があります。


その反対に、頭痛を誘発する食べ物もあります。


例えば赤ワイン。


赤ワインにはポリフェノールが多く含まれています。
ポリフェノールは血管拡張作用があり、片頭痛を引き起こしやすくなってしまいます。


ワインのおつまみにもよくあうチーズも、体内に蓄積されると血圧が上がりす痛や吐き気を催すこともあるので、混みあわせにも注意したいです。


他にも片頭痛を誘発する食品は、チョコレート、ビール、ナッツ類、インスタント食品など・・・これらを過剰摂取すると誘発しやすくなるので適度な量でとどめておきましょう。


寝る

睡眠不足は、頭痛だけでなく様々な身体の不調につながります。
成人の理想的な睡眠時間は6時間から7時間と言われます。


睡眠時間が3時間・4時間という慢性的な睡眠不足のヒトの多くが頭痛持ちといいます。
睡眠不足は頭痛持ちには大敵です。
〔睡眠について詳しくはコチラ→寝起きが悪いヒトは快眠できていない!? 明日から試せる心地よい睡眠をするための4つの法則


また、頭痛が起きた時にも、冷やす・温めるなどして横になると、目覚めた時に頭痛が緩和されるので許される環境ならば、少しでも寝ることが1つの対策方法でしょう。



片頭痛の場合 寝過ぎることも頭痛を引き起こす原因となります。


自分にあった睡眠時間を把握して、適度な睡眠時間を確保することが大切ですね。


頭痛を予防するサプリメント!?

頭痛がおきてからの対処法を色々紹介しましたが、繰り返す頭痛をなんとかしたい!あの痛みから解放されたい!


痛みがくる度に、鎮痛剤を飲むことを止めたいと思っているひとにおすすめのサプリメントが【ズツノンDr.】です。
天然由来の成分が、頭痛がおこらない身体へと変えていってくれます。


現役ドクターが開発☆

自身の悩みでもあったズキズキ・ガンガン(頭痛)をどうにかしたい!という思いかた開発。


欧米式のサプリメントの考え方「なってからではなくなる前に対処する」をを目指し、3種の西洋ハーブ(フィーバーフュー・チェストツリー・レッドクローバー)+8種の伝承温和漢(クコの実・ショウガ・乾姜・サンシュユ・田七人参・桂皮・冬虫夏草・陳皮)の天然由来成分に+αでマグネシウム・ビタミンB・大麦発酵GABAを配合し、なりにくい身体をにするために作られました。


通常価格 7960円→定期コース申し込みで初回限定 2980円
*送料無料
*2回目以降は半額の3980円



 



関連記事
疲れ目対策10選 眼精疲労の原因はブルーライト?パソコン・スマホの使いすぎは危険です
寝起きが悪いヒトは快眠できていない!? 明日から試せる心地よい睡眠をするための4つの法則
痛みやコリの原因は筋膜だった!?今話題の筋膜リリース(筋膜はがし)の効果と方法を紹介☆


<<<前の記事 免疫力を高めて病気を予防 風邪・インフルエンザウィルスにも負けない身体作り




↓今月のおすすめサプリ





現代の食生活トラブル

 

健康的な食生活をサポートするサプリ

 

生活習慣が与える影響

 

生活習慣改善に役立つサプリ

 

病気のリスクと予防法

 

病気のリスクから身を守るサプリ

 

見た目・みだしなみに関するお悩み

 

美しさを保ちたい人へのサプリ

 

男・女特有の心配事

 

男♂と女♀ 身体の悩み解決サプリ