見た目・みだしなみに関するお悩み

睫毛が抜ける・・・やってはいけないNG行動 キレイに伸ばすまつ毛ケア!

メイクするたびにまつげが抜けるな・・・とか、最近まつげが少なくなってきたと感じたことありませんか??


まつげも毛周期で生え替わりますが、基本的に見た目の量が変わらないです。
なのに、まつげの間がスカスカ・生えていない部分があるのは、まつげにとって緊急事態です!!!


まつげは、顔の印象を大きく変える大事な部分。
長いまつげの方がメモ大きく見えて可愛く見えます。つけまつげやまつエクは見た目の印象を良くするためにしていますからね。


どんなことが原因でまつげは抜けてしまうのでしょう??


★☆★目次★☆★

 ・まつげが抜ける原因
 ・ビューラー
 ・Let`sまつ育 まつげを伸ばすためにできること
 ・内側からのケア まつ育にオススメの栄養素
 ・「まつ育」に役立つおすすめサプリ&美容液


まつげが抜ける原因

まつげは皮膚の下に2ミリ程度しか埋まっていないので、他の部位の毛と比べたら非常に抜けやすいです。
知らず知らずにうちに、まつげにとってNGな行動を取っていたかもしれません。


まつげが抜けてしまう3大原因がこする・ビューラー・まつエク&まつげパーマ&つけまつげです。


こする


花粉症やアレルギーで目が痒くて仕方がない時、ついついこすってしまいがちです。
こするという行為はまぶたや眼球を傷つけてしまうだけでなく、まつげにも影響しているんです。



女性が毎日のようにするメイク。
メイクを落とす時がまつげにとってダメージを与えるリスクが高いです


特にアイメイクをしっかり落とそうとクレンジングでゴシゴシ・・・
メイク残りもまつげの抜ける原因でもありますが、しっかり落とす=ゴシゴシではありません。
アイメイク専用のクレンジングを使うなどして、あまり刺激を与えないようにしてメイクを落とすことが大切です。


アレルギーや花粉症でなどで目が痒いと、かゆみに耐えきれずこすってしまう経験がある人は多いでしょう。
目をこすってしまうと、その刺激でまだ抜けるタイミングでないまつげまで抜けてしまい薄毛な状態になってしまうのです。


ワタシもその1人です。
花粉症のときは、目薬や洗眼したりしてなんとか乗り切っていますが、アイメイクに使われている成分でアレルギーを起こしてしまい、まつげの生え際が真っ赤に腫れ上がったことがあります。
ひどくただれて、組織液もでてきて、朝起きるとまぶたがくっついて開かない状態・・・


眼科を受診したら「眼瞼縁炎」と言われました。
その時点で一部分のまつげも抜けてしまっていて、先生からもこのまま生えてこない可能性もある。
アレルゲンを取り除かないとだめだ。と言われました。


でも、アレルゲンがアイラインなのか、マスカラなのか、つけまつげの糊なのか・・・・??
アレルゲンの検査をしていないので、何が原因なのかハッキリ分かりませんでしたが、症状がなくなるまでの間アイメイク禁止・・・(´;ω;`)


それ以来、つけまつげはをするのは辞めました。
マスカラも極力皮膚につかないように、アイラインもまつげの上側の生え際に入れるようにしたり、症状が出たメイク用品に含まれる成分をチェックして、入っていないものをセレクトするようにしたら症状は落ち着き、まつげも少し生えてきました。


話はだいぶ脱線してしまいましたが、アレルギー症状がでることで強くこするとまつげが抜けてしまう・更に眼瞼縁炎などの疾患でもまつげがなくなってしまうこともあるので、痒みが治まらない・腫れなどの症状がでたら注意が必要です☆


ビューラー


ビューラーの使い方1つで、まつげにも大きなダメージを与えます。


ビューラーも正しい使い方をしていれば問題ないのですが、多くの女性は間違った使い方をしているようです。


NGなビューラーの使い方
・しっかりまつげをあげようと力を入れすぎている
・古いビューラーを使い続けている(ゴムが古い)
・ビューラーの形が目にあっていない
・使う頻度が多い


まつげに優しいビューラーの使い方は、
まず力を入れすぎないこと。
一気に持ち上げようとせず、根本・真ん中・先と3段階に分け、徐々にカールさせるようにしましょう。
1回で大量に挟むこともNG。小分けにしてカールさせるとまつげが切れたり抜けることを防げます。



ビューラーのゴムは定期的に交換することも大事


ゴムが古くなるとムダに力も入りがちになり、まつげが折れたり切れたり抜ける原因になります。
ゴムの交換のタイミングは、ゴムの真ん中に線が入ってきたり、亀裂が入ってきたら即交換です。
見た目に問題がなくても、毎日使って2.3ヶ月が交換の目安です。


目の形にあっていないのもまつげに大きな負担を与えます。


ワタシもそうですが、ビューラーを購入する時、毎回どのくらいのカーブを買えばいいのか悩みます。
同じメーカーの同じ型を買えばいいのですが、箱を捨ててしまって覚えていない(笑)


なので、たまに失敗します・・


ビューラー選びのポイントは、幅・カーブの角度、ゴムの硬さです。


ビューラーのカーブは日本人の平均的な目の形に合わせられていますが、大きく2タイプあります。ビューラーを使う時に肉を挟んだ!という場合はカーブが合っていない可能性があります。


顔の彫りが深めの人向けのカーブがきつめのタイプと、カーブが緩めのタイプです。また、年齢や体重の増減での変化するようなので、カーブを合わせて購入したいですね。


ベストなビューラーの幅は、目頭から目尻までのまつげが一気に挟めるのが自分にあったサイズです。


ゴムの硬さも柔らかすぎると余分な力が入ってしまい、硬すぎても滑らかにカーブが作れないので、程よく弾力があるものがいいと思います。


使用頻度もできるだけ減らしましょう。
そして、挟む角度もできるだけ顔と平行になるようにして使うといいですね。


まつエク・つけまつげ・まつげパーマ


まつげパーマやまつエク、自まつげを長くしたりきれいなカールが出来るので人気です。
まつげに負荷を与えるだけでなく、エクステやつけまの接着剤やパーマ液は刺激が強くまつげにダメージを与えます。



つけまやまつエクは、除去する時に自まつげも一緒に抜けてしまう可能性もあり、専用のリムーバーできちんとオフすることが大切です。


その他にも、まつげの栄養不足、メイク汚れの残り、睡眠不足・紫外線・ストレスも要因になります。


Let`sまつ育 まつげを伸ばすためにできること


日本人のまつげの長さの平均は6.8ミリ。まつ育などでちゃんとケアしてあげることで8ミリ程度まで伸ばすことは可能なようです☆


まつげを伸ばすために有効なのが、まつげに栄養を与えることです!
まつげの生え際に直接塗るまつげ美容液と内側からの栄養を与えてあげると、太く濃いまつげがでフサフサになることも夢じゃないです。


外側からのケア まつげ美容液


様々なーカーは販売していますが、保湿成分・毛根に栄養を与える成分、ダメージからまつげを守る成分が配合されています


配合されている成分に多少のちがいはありますが、傷んだまつげを修復したり、長くしたり、ハリやコシを与え健康的なまつげにしてくれます。



敏感肌でまつげ美容液が使えないヒトは、ワセリン・ニベア青缶・オリーブオイルでもOK!
しっかり保湿できるのに無添加で低刺激☆


内側からのケア まつ育にオススメの栄養素

育毛と同様、まつ育にも内側からの栄養補給も欠かせません。


まつげの元となるたんぱく質、毛の成長に関わるビオチン、抜け毛予防になるビタミンE、健康的なまつげの育成するヨウ素(ヨード)。


たんぱく質・ビオチンを同時に摂取出来る たまごや、ビオチンを豊富に含むナッツ類、ヨウ素が含まれる海藻類。
これらの栄養素を、積極的に摂取することでまつげにも栄養が行き渡り健康的なまつげになって行くでしょう。


目元を温めて血行をよくしたり、まぶたをマッサージするのも効果的
頭髪のように毎日ブラッシングしてあげることも早くまつげが伸びているようです。


そして、睡眠も重要。
ゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時の間は、新陳代謝も活発になりまつげも伸びやすい時間帯。
この時間帯にしっかりと睡眠を摂ることはとても重要です。


まつげを伸ばすためには、外側・内側両方からの栄養補給、血行促進、十分な睡眠が必要。
つけまつげやまつエクもいいですが、自まつげケアをしっかりして素でも可愛いフサフサまつげになっちゃいましょう!!


「まつ育」に役立つおすすめサプリ&美容液


大人女性に売れています!「本格派」まつげ美容液

20代から40代の大人女性から人気のまつげ美容液【リバイブラッシュ】

☆17種類の成分を無添加 低刺激性を実現!!
☆まつげ養成成分 キャピキシルを高濃度配合
☆4種類のまつげサポート成分
☆8種類の美容補修成分


自まつげを本気で伸ばしたいヒトのおすすめです☆




 


モテまつげ専用サプリ

まつげの成長にはカラダの内側からの栄養が非常に重要です

【ぱっちりウィンク】の3大成分は、増やす「大豆ポリアミン」・伸ばす「ビオチン」・キレイを助ける「コラーゲン」

ポリアミンがまつげの成長サイクルを早め、ビオチンがまつげに栄養を与えます。





 


関連記事
育毛してるのは男性だけではない!?女性も育毛してるんです☆
一重女子の憧れ☆自力で二重まぶたになるために努力したい3つのこと


<<<前の記事 一重女子の憧れ☆自力で二重まぶたになるために努力したい3つのこと




↓今月のおすすめサプリ





現代の食生活トラブル

 

健康的な食生活をサポートするサプリ

 

生活習慣が与える影響

 

生活習慣改善に役立つサプリ

 

病気のリスクと予防法

 

病気のリスクから身を守るサプリ

 

見た目・みだしなみに関するお悩み

 

美しさを保ちたい人へのサプリ

 

男・女特有の心配事

 

男♂と女♀ 身体の悩み解決サプリ