見た目・みだしなみに関するお悩み

育毛してるのは男性だけではない!?女性も育毛してるんです☆

育毛と聞くと、薄毛に悩む男性がおこなっているというイメージがあります。


日本人男性の3人に1人は薄毛に悩んでいるといいます。
近年、男性だけでなく女性も抜け毛や薄毛に悩んでいるヒトも増加しているようです。



抜け毛・薄毛の原因は、ホルモンの影響や遺伝的要素・食生活・ストレスなどが考えられます。


それ以外にも、髪にはヘアサイクルといって自然な毛の生え変わりがあります。
コレは誰にでもあることで、ある程度の抜け毛は当たり前のことなのです。


★☆★目次★☆★

 ・抜け毛・薄毛の原因
 ・男性ホルモンの影響
 ・頭皮の緊張
 ・女性の育毛 
 ・育毛は髪だけでない
 ・毛に良い成分のお話し


ヘアサイクル

ヘアサイクルには、毛の生え始めから成長が止まるまでの成長期、成長期から休止期までの期間の移行期・毛根が退化して抜け落ちるまでの休止期があり、頭髪でいうと成長期がだいたい2年から6年程度。
移行期が2週間。休止期が3ヶ月程度。


抜け毛が多く感じるかもしれませんが、休止期の毛は生えている成長期の毛全体が85%の中の9%から14%。


例えば、頭髪が10万本の髪の毛が生えていると仮定するなら、休止期の約3ヶ月間の間に7500本から11000本抜け落ち、1日あたり80本から110本程度抜けてもおかしくない計算になります。



ワタシも一時期、シャンプー時や髪を乾かす時の抜け毛が多く感じて美容師さんに相談したことがあるんですが、
季節の変わり目抜けやすいし、1日に100本くらい抜けてもおかしくないです。
髪が長いとたくさん抜けたように感じるんですよ。と。


抜けると、その後生えてくる髪は当然短いのでいわゆる「バカ毛」「アホ毛」となって、頭頂部のおさまりがわるいしボサボサ感が半端なく・・・


抜け毛が150本以上続くと要注意です!!病的な抜け毛(異常脱毛)です。


また、抜けた毛の状態も重要な判断材料になります。


細く短い毛ばかりが抜ける・・・これも心配な抜け毛です。


本来毛は ある程度の長さ(数十センチ)まで伸びます。
切ったわけでもないのに、伸びる前の短い状態で抜けてしまうのは危険です。


更にその髪が細い場合もっと危険です。


髪が生えてきても細すぎて毛根誚(毛を支える器官)もすり抜けてしまって毛根に留まっていられなくて抜けてしまうと、その先も太い毛が生えることもなく薄毛を一途をたどるのです・・・


抜け毛・薄毛の原因

異常脱毛=薄毛の原因は大きく4つ


・頭皮の血液循環不良
・男性ホルモンの影響
・脂漏
・頭皮緊張
などが原因として考えられています。


頭皮の血液循環不良

頭皮の血液循環不良・・・頭皮の血流が悪くなると毛の成長が悪くなります。


毛の栄養は毛乳頭の毛細血管から補給されています。


血液循環が悪くなると、毛乳頭の栄養が行き渡らず毛の成長を阻害してしまい抜けやすくなってしまうのです


男性ホルモンの影響

男性ホルモンの影響・・・毛髪は女性ホルモンが大きく影響しています。


一方、男性ホルモンはヒゲ・体毛に影響するホルモンだと言われます。
ですが、男性ホルモンが多いからといって直接的に薄毛やハゲの原因になるとも言えません。



最近良く聞く言葉ですがAGA(男性型脱毛症)


このAGAが男性ホルモン テストステロンと大きく関係している為、男性ホルモンが薄毛に影響していると勘違いされているようです。


テストステロンが、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることで薄毛になるというのが正しい解釈です。


テストステロンがDHTに変換されてしまう原因が5a-リダクターゼという酵素にあります。
この5a-リダクターゼという酵素は、皮脂腺や毛乳頭に存在し毛乳頭に存在する2型の5a-リダクターゼがDHTに変換させてしまう酵素なんだそうです。


AGA(男性型脱毛症)の特長としては前頭部の後退、頭頂部が薄くなる、若ハゲがAGAの症状の特長です。


AGAを改善するには、5a-リダクターゼを抑制することが効果的な方法のようです。
ブラシで頭皮を刺激したり、シャンプーのし過ぎはかえって逆効果になるのでやめたほうがいいでしょう。

〔男性ホルモンに関連する記事はコチラ→もしかしてED??精力減退させる4つの原因とED克服法☆男性専用☆ 元気増大! 自信回復!! ED・早漏・短小 男性の悩みを克服できる精力剤はコレだ!!!

脂漏

脂漏・・・頭皮の皮脂が過剰分泌されることで起こります。


ある程度の皮脂は潤いを与えるために必要なもの。


しかし、過剰の分泌されると頭皮のフケとなります。


皮脂が頭皮の表面や毛根周辺付着すると不衛生な状態に陥り皮膚炎を起こします。
皮脂の過剰分泌は食生活やストレス、環境の変化が影響しています。


そしてもう1つ。


シャンプーの原料に使われる合成界面活性剤が皮脂と混ざり合い、脂漏性皮膚炎を羅患させることもあります。


髪をキレイに洗うというのは、あくまでもお湯・水でキレイに洗い流すことが前提であり、シャンプーは補助的な役割と考えたほうが良さそうです。


本来1つの毛穴からは2.3本の毛が生えています。
皮脂が毛根に埋まってしまうと生えてくる隙間を皮脂が埋めてしまうので、だんだん細くなってやがて抜けおちてしまって薄毛になっていくのです。


定期的に毛穴を洗浄したり、なるべく頭皮にやさしいシャンプーを使用する・スタイリング剤などの使用を控えることも大切になってきます。



頭皮の緊張

頭皮の緊張・・・頭皮が緊張したり圧迫されることは頭皮の血行が悪くなり毛は育ちにくくなります。


頭皮の緊張のことを頭皮のコリと表現する場合もあります。


頭皮のコリは頭の3つの筋肉が関わります。


前頭筋
眉毛を動かす筋肉でパソコンやスマホの使いすぎなど目を酷使していることが原因でコリが生じます。
〔眼精疲労について詳しくはコチラ→疲れ目対策10選 眼精疲労の原因はブルーライト?パソコン・スマホの使いすぎは危険です


側頭筋
下顎を閉じる筋肉で、痛みを耐えたりストレスを感じたりして、歯を食いしばる事が多いとコリます。


後頭筋
首の後ろの筋肉を一緒に頭を支えている筋肉。
同じ姿勢をとりつづけていたり、姿勢が悪いことが原因でコリます。
〔骨盤の歪みも関係しているかも??→骨盤が歪む原因


頭皮マッサージなどで頭皮を柔らかくしておくことも薄毛・抜け毛対策になります。


女性の育毛

女性の育毛は髪の毛を増やすことではなく、髪を美しく育てることが目的です。


皮脂が毛根に埋まってしまうと抜け毛や切れ毛・枝毛など女性にとっては大敵!!


美しい髪が憧れです。



抜け毛の原因となるのが、外部からの刺激、シャンプーのしすぎ、頭皮の汚れ・詰まり、パーマ・カラーなど薬剤の使用など・・・


オシャレのためにカラーリングやパーマをするヒトが多いですが、髪にとっては大きなダメージを与えているんです。

シャンプーやトリートメントに気を使っている人も多いでしょう。
でも、間違った洗髪方法や過剰なお手入れによって逆効果もあるので注意が必要。


女性の場合、男性の薄毛と違った特徴があります。


男性の場合は、頭頂部から薄くなったり前頭部が後退していく傾向が多いですが、
女性の場合は分け目が薄くなった、全体的に量が減ったとかんじることが多いでしょう。


症状によって脱毛症の種類が違うこともあります。


髪全体の量が減ったと感じたらびまん性脱毛症


フケが増えて抜け毛が増えたと感じたら粃糠性脱毛症


生え際の後退 牽引性脱毛症


毎日シャンプーしても頭皮がベタつく 脂漏性脱毛症


これらの病気の可能性があります。


女性の脱毛の原因

女性の脱毛の多くは女性ホルモンバランスの変化が影響しているといいます。


出産後の女性が脱毛・抜け毛に悩んでいるという話がよくあるそうです。


コレは妊娠中に体内で制御されていた女性ホルモン エストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に増加することでホルモンバランスが崩れて抜け毛が多くなるのです。


また、加齢にともなって髪が痩せたり抜けたりすることも女性ホルモンが減少していくことでバランスを崩してしまうことで起こります。


ホルモンバランスの崩れは、抜け毛だけでなく白髪や細毛にも影響してきます。
〔女性ホルモンについて詳しくはコチラ→バストアップに必要な女性ホルモン エストロゲン



出産後に抜け毛が増えるのは、妊娠中に抜けるはずだった毛が出産後に一気に抜けるからという説もあり、産後6ヶ月から1年ほどで元に戻るヒトがほとんどですので、抜け毛を気にしすぎないようにしましょう。


育毛は髪だけでない

女性が行う育毛は髪だけではありません。


最近流行っているのは、まつ毛の育毛 まつ育です。
一時期、まつ毛パーマ・まつ毛エクステ・つけまつげが流行り、自睫毛を酷使してしまったことでまつ毛が抜けてしまった・・・
まつ毛が短くなってしまった・・・などトラブルが多いのです。


今 メイクの流行りが、自睫毛を育てて自然なアイメイクは主流になってきています。スッピンでも盛る時代の到来です。まつ毛が長く濃くなれば、エクステもつけまも必要ないです。軽くアイラインをいれるだけで、しっかり盛れてしまうほどバサバサのまつ毛がきてるんです!!


まつ毛美容液だけでなく、マスカラに美容液成分が配合されたものも多く販売されていてメイクしながらまつ育ができると人気なんです。



ワタシも、つけまつげの接着剤やアイラインに含まれる何かにアレルギー反応を起こし、瞼が痒く赤くなって、やがて痛みとただれを起こして、一時期腫れて大変なことになり眼科へかかりました。


アレルギーによる「眼瞼炎」と診断され、このままアイメイクを続けるとまつ毛が全部なくなると脅されました。
その時すでに左目の上まつ毛の一部が抜けて隙間ができている状態・・・


アレルゲンが特定できないので、アイメイクをすることをしばらく禁じられ治療に専念してました。


普段は、目の周り以外にファンデーション・チーク・リップ・眉毛のみのメイク。
仕事上どうしても、しっかりとメイクする必要がある場合は、マスカラを瞼に付かないように塗っていました。


でも、隙間のあいたかわいそうな左目のまつ毛。
どうしたもんか・・・?と思っているとまつ毛美容液が良いと聞きました。


生えてくるか半信半疑でしたが、使ってみると・・・あまり効果を感じず・・・


TVのCMで育毛剤「スカルプD」のまつ毛美容液があることを知って早速購入。


1ヶ月くらい使っていると・・・


生えてきた!!!


短いですが隙間からまつ毛が・・・毛穴は大丈夫だったんだと少し安心。
でも、なかなか伸びてこない・・・今度はメーカーを変えてみると、相性がよかったのがグングンのびてきて、他のまつ毛の長さとも同じにまで成長。
下睫も少し増えました。


眉毛育毛の流行りだしています。最近はナチュラルな眉(太眉)が流行っています。



大体の女子はある程度、眉の形をととのえ細めにカットしてしまっています。
流行りの眉にするために、眉毛を育てる女子達もいるんだそうですよ。


毛に良い成分のお話し

昔から、昆布やわかめなどの海藻類が髪に良いといいます。


海藻類に含まれるヨウ素という成分が基礎代謝を促進し細胞組織を成長させる作用を持ち、髪のターンオーバーに働きかけるのです。


亜鉛も抜け毛を防止する効果を持っています。
亜鉛は体内酵素の活性させる役割を担っています。
〔亜鉛の効果について詳しくはコチラ→【必須ミネラル】亜鉛サプリの上手な選び方 亜鉛がもたらす嬉しい効果



適量の亜鉛を摂取することで、頭皮・毛髪の新陳代謝が活発化され薄毛や抜け毛を抑制してくれるのです。


亜鉛は体内に貯蔵することもできず消費されることも多い成分。
毎日必要量を摂取することが大切です。


亜鉛の吸収力を高めるには、ビタミンCやクエン酸を同時に摂取することで効果が上がるそうです。


そして、髪の原材料ともなるたんぱく質も非常に重要です。


豆腐や納豆、豆類などの植物性たんぱく質が特に良いとされます。大豆製品に含まれるイソフラボンは育毛サプリメントなどにも配合される成分ですので、育毛には最適な成分と言えるでしょう。


他にも、コラーゲン、アルギニン、ノコギリヤシなども育毛に効果があることでも有名な成分です。


関連記事
疲れ目対策10選 眼精疲労の原因はブルーライト?パソコン・スマホの使いすぎは危険です
女性ホルモン エストロゲン
もしかしてED??精力減退させる4つの原因とED克服法
☆男性専用☆ 元気増大! 自信回復!! ED・早漏・短小 男性の悩みを克服できる精力剤はコレだ!!!
ダイエットの救世主!! ヴァージンココナッツオイルの素晴らしい効果・効能 
【必須ミネラル】亜鉛サプリの上手な選び方 亜鉛がもたらす嬉しい効果


薄毛・抜け毛対策に役立つサプリ
抜け毛抑制に亜鉛サプリ→【海乳EX】
頭皮を保湿して育毛・フケ防止→【VOC ヴァージンココナッツオイル】
血行よくして抜け毛・薄毛抑制→【浸みわたる水素水】【ビガーブライトEX




↓今月のおすすめサプリ





現代の食生活トラブル

 

健康的な食生活をサポートするサプリ

 

生活習慣が与える影響

 

生活習慣改善に役立つサプリ

 

病気のリスクと予防法

 

病気のリスクから身を守るサプリ

 

見た目・みだしなみに関するお悩み

 

美しさを保ちたい人へのサプリ

 

男・女特有の心配事

 

男♂と女♀ 身体の悩み解決サプリ