見た目・みだしなみに関するお悩み

毎日の歯磨きでも蓄積していく黄ばみ・黒ずみを解消☆ホワイトニングが歯と歯茎の健康を守ります!

歯の健康は、全身の健康にも繋がると言われています。


歯医者さんのポスターでも見かけたことがありますが、80歳で自分の歯を20本以上保つ。ことを推奨されています。
しかし、現状は約4割の人が20本以上を保てていません・・・


その原因は何なんでしょうか?


★☆★目次★☆★

 ・歯の着色汚れの原因
 ・着色汚れが歯磨きでは落ちない理由
 ・黄ばみ・黒ずみ(ステイン)除去と予防法 
 ・セルフケア
 ・芸能人も愛用☆自宅でできるホワイトニング


歯が抜けるのはなぜ?

歯が減っていく原因は2つ。歯周病と虫歯です。


歯周病は成人の約8割がかかっているといいます。
高齢者だけでなく、若年層も歯茎が炎症をおこす歯肉炎を発症しています。歯肉炎が歯周病へと進行してしまうので、適切な治療と予防が必要です。


歯の汚れが歯周病・歯肉炎を招く??
歯肉炎は歯茎がたまに腫れたり、赤く腫れて歯ブラシに血がにじむことがあります。



次の段階、歯周病の初期には歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝が深くなる)ができ、歯周組織の破壊が始まります。
中期になると、歯茎がやせたりブヨブヨしたりします。口臭・歯に食べ物が挟まりやすくなる・硬いものが噛みづらくなります。


末期の歯周病になると、歯槽骨がほぼなくなり、歯の根っこが露出・ぐらついて最後には抜けてしまいます。


虫歯も歯周病も食べカスや磨き残しなど歯の汚れが原因。歯を清潔にすることで予防ができます。


しかし、毎日歯磨きしていても、磨き残しがあったりすると歯垢(プラーク)となって蓄積されて、歯の黄ばみや黒ずみの原因になり、着色汚れとなることもあるのです。


歯の着色汚れの原因


白い歯 といいますが、実際の歯の色は真っ白ではないんです。
歯の色は白っぽい色というのが正しく、色も個人差があり、黄色っぽいひともいれば、グレーっぽい色のヒトもいます。


黄色っぽい象牙質を半透明の白色のエナメル質でコーティングされています。
象牙質の色が透けて見えているので、歯の色は象牙質の色に左右されるようです。


もともとの歯の色より、徐々に変色していく原因は様々です。


黄ばみの原因

外的要因と内的要因が考えられます。


外的要因
飲食物や喫煙・虫歯・詰め物などの劣化や腐食などが原因で、歯のエナメル質表面の膜と結びつきステイン(着色汚れ)となって沈着していき、黄ばみとなってしまします。


タバコのヤニ(タール)
タバコを吸っている人の歯って黄色や茶色っぽくなっているってしっていますか?
タバコに含まれるタールが歯の表面にこびりついて蓄積されて、黄ばみや黒ずみとなるのです。


赤ワインやコーヒー、緑茶・ココア・チョコレート・ぶどうなどポリフェノール・タンニン・カテキンを多く含むものや、色の濃い食品(トマト、カレー、ミートソース、ほうれん草など)も、ステインの原因になります。



1回の食事で黄ばんでしまうわけではなく、積み重ねによって沈着していくのです。


内的要因

加齢が原因で歯が黄ばんでいくこともあります。
長年の着色汚れもありますが、象牙質自体が加齢によって濃くなったり、エナメル質が摩耗して薄くなって行くため、象牙質が透けて見えて黄ばんで見えてくるのです。


他にも、薬(テトラサイクリン系抗生物質)の影響や、乳幼児期に高濃度のフッ素を塗ったことも原因となるようです。


黒ずみの原因


黒ずみもタバコや食品の着色汚れ(ステイン)、虫歯、歯石、銀歯や詰め物の劣化、歯の神経がない、薬の影響です。


虫歯や歯石、銀歯などは、歯医者さんで対応してもらわないといけません。
歯の疾患だけは自然治癒しないので悪化させないように、気づいたら早めに対処しましょう。


着色汚れが歯磨きでは落ちない理由

歯の黄ばみや黒ずみは、毎日歯磨きしていても落ちないのは理由があります。


・使用している歯磨き粉に歯を白くする成分が含まれず、研磨剤だけだ含まれているから。
・強く歯を磨きすぎて、表面に細かい傷がついてしまい、逆にステインが付着しやすくなってしまった
・キレイに歯が磨けていない(歯並びが悪いと磨き残しが多いです)
・唾液量が少なく、口内が乾燥している
・歯磨きで落ちる汚れじゃない(虫歯やタバコのヤニなど)


歯磨きで、黄ばみを落とそうと研磨剤入の歯磨き粉を使って頑張って磨き過ぎることで、逆に黄ばみやすくさせてしまっていたんです!




歯に良くない生活習慣

歯にとっての悪い生活習慣は、歯の黄ばみ・黒ずみ・虫歯・歯周病、口臭などを引き起こす原因にもなります。


・喫煙
・間食
・柔らかいものを好んで食べる
・よく噛まない
・歯磨きをちゃんといていない
・時間をかけて飲み物を飲む(コーヒーや紅茶、ジュースなど)
・歯ぎしりなど噛みしめる癖
・ストレス
・口呼吸


もともと口内にある歯周病菌や虫歯菌を、免疫力の低下と悪い生活習慣が引き金になり、暴れだしてしまうのです。
黄ばみや黒ずみも、歯垢をためやすい生活習慣(外的要因)が原因で起こることが多いのです。


黄ばみ・黒ずみ(ステイン)除去と予防法


一番手っ取り早い方法は、歯医者さんで行うクリーニング・ホワイトニングしてもらうことです。
歯の表面に付着している汚れや着色を落とし、歯 本来の白さと輝きを取り戻します。


歯石・歯垢を取り除くことで、口臭も予防できます。


クリーニング


その名の通り、歯垢や歯石を除去して歯をキレイにします。


歯医者でクリーニングを行う目的は大きく3つ。



まず、保険適用になるのが歯周病治療。
歯石除去(スケーリング)、SRP(歯周ポケット内の歯石除去)。
事前の虫歯チェックや歯周病の検査をして、自己負担額は約3500円程度。


予防・審美目的で行う着色汚れ(ステイン)除去とタバコのヤニ取りは保険適用外になるので、全額自費扱いです。金額は5000円から20000円程度と料金に幅があります。
PMTC(機会的歯面清掃)・ジェットクリーニングの方法で行います。


ホワイトニング


歯医者で行うホワイトニングには、オフィスホワイトニングホームホワイトニングという方法があります。


オフィスホワイトニングは、歯に直接薬剤を塗布して、光を当てて歯を白くしていく方法です。
1回の処置で効果があるので、早く白くしたい場合にオススメです。


ホームホワイトニングは歯医者さんでマウスピースを作成し、自宅で歯を白くする薬剤をいれてはめる という、自宅で行うホワイトニングです。


自分の都合に合わせて行えることや、持続期間も1年から2年と長持ちすることがメリットです。
ただし、自分で用意して行うことが面倒な人は向いてないかもしれません・・・。


歯医者でのクリーニング・ホワイトニング後は、白さを継続するためのセルフケアが重要です。


セルフケア


プロに行ってもらうよりは精度は落ちますが、自宅でクリーニングやホワイトニングを行うことも可能です。


セルフクリーニングは、通常の歯ブラシにプラスして、デンタルフロスや歯間ブラシ、タフトブラシ(毛先が三角にカットされたブラシ)を使用して行います。


歯ブラシ
歯ブラシを使ってブラッシングすることは基本中の基本なのですが、間違った磨き方をしているひとは多いです。


歯ブラシは柔らかめのものと使用し、表面のエナメル質や歯ぐきを傷つけないように、小刻みに優しくブラシングすることが大切です。
また、歯ブラシの毛先が開いた頃、もしくは1ヶ月を目安に交換しましょう。



デンタルフロス
歯と歯の間に溜まった歯垢(プラーク)をかきだしてくれるのがデンタルフロスです。
虫歯・歯周病予防のために使用します。



歯と歯の間にあてて、ゆっくりと横に動かしながら、歯ぐきのところまでいき、上下に動かして歯垢を落としていきます。


*デンタルフロスを通すとき、歯と歯が接している部分(コンタクトポイント)はきつく感じます。
力任せに入れず、横にゆっくりと動かしながら入れていくのがポイントです。



歯間ブラシ
歯間ブラシは、歯と歯の間の歯垢をとる小さな歯ブラシです。
歯ブラシでは約61%しかとれなかった歯垢を、歯間ブラシを使うことで、約85%取り除くことができます。


歯医者さんでもセルフケアでの使用を勧められます。
特に、歯周病で歯ぐきが下がってきた30代後半にオススメのオーラルケア用品です。


歯間ブラシは、虫歯・歯周病予防はもちろん、口臭チェック・予防にも役立ちます。


歯間ブラシでとった、歯垢のニオイを嗅いでみると臭いです。この歯垢が歯間に溜まり続けていくと発酵して口臭の原因になるのです。


歯間ブラシにはサイズがあります。(SSSからLまで5サイズ)
歯と歯の間が狭かったり広かったりと、個人差があるので自分にあったサイズを見つけましょう。
歯間ブラシを入れた時に、軽く歯ぐきを押す程度が正しいサイズです。


使い方は、歯と歯ぐきの間に入れて、前後に5回程度動かします。
外側からと内側から両方からやると、より効果的です。



前歯は比較的簡単ですが、奥歯はやりにくいです。
奥歯をやるコツは、あまり口を開けず頬の内側を押し出すようにして、ブラシ部分を歯間に挿入します。


*デンタルフロスは使い捨てですが、歯間ブラシはブラシが傷んだりワイヤーが曲がるまで繰り返し使えます。



タフトブラシ
日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパでは約80%の人が使用している補助歯ブラシ。


持ち手になる柄の部分が細くて先端が90度に曲がっていて、毛先が三角形の鉛筆のようになっています。

タフトブラシは歯ブラシでは磨きにくい部分を補うことができます。


奥歯の奥
歯ブラシもはいりにくく、最も磨きにくい部分。
歯周ポケットも深くなっていることもあり、歯垢がたまりやすいところです。


歯並びが悪いところ
歯が重なっている部分は、歯垢がたまりやすいです。
タフトブラシならその隙間に入り込んで磨くことが可能です。


歯と歯ぐきの間
歯周ポケットを磨く時に、タフトブラシのほうが当てやすいです。


子供の歯
大きさがバラバラな生え替わり期の子供の歯を磨くにもちょうどいいです。
歯ブラシでは当たらない部分を磨けます。



歯磨き粉
研磨剤が入っていない歯磨き粉を使用することをオススメします。


また、歯磨き粉を使うタイミングとして、まずブラシだけで汚れをある程度落としてから、歯磨き粉を使うとキレイに歯垢をとることができます。


芸能人も愛用☆自宅でできるホワイトニング

自分でホワイトニングする方法のいくつかあります。


重曹を使って軽く磨く方法や、歯のマニキュアを使って一時的に白くする方法もありますが、芸能人も愛用していることで有名になったのが、自宅用ホワイトニング用品です。


歯磨きの後に、ホワイトニング剤をつけて軽くブラッシングしてゆすぐだけなので、使い方も簡単。
歯医者のホワイトニングのように、1度で劇的に白くなるわけではありませんが、継続して使うことで白い歯をキープできると人気なんです。


また、全額自己負担で歯医者のホワイトニングよりも、コスパもよいので続けやすいのも嬉しいですね。


自宅で出来る歯のホワイトニング商品 ランキング


沖縄が生んだ奇跡のホワイトニング

医薬部外品に認定されている【薬用 ちゅらトゥースホワイトニング】。


ポリアスパラギン酸(PAA)・ビタミンC+リンゴ酸・GTOの有効成分を配合し、自宅でも簡単に本格的なホワイトニングが出来ると人気のオーラルケア商品です。


【薬用ちゅらトゥースホワイトニング】1本(30ml)
通常価格 4980円→特別モニターコース価格3980円


>>【薬用 ちゅらトゥースホワイトニング】の詳細はコチラ<<




 

美容歯科医も注目の自宅ホワイトニング

自宅でブラッシングするだけでできる簡単ホワイトニングなのに、美容歯科並の効果がたった数日で得られると評判。


【薬用パール ホワイト Pro EX+】は薬用成分 IPMPとトリプルホワイトニング製法b(メタリン酸Na・ポリリン酸Na・DL‐リンゴ酸)で歯を白くしてくれます。


通常価格 8400円→定期購入なら初回特別価格 61%OFF 3240円


>>【薬用パール ホワイト Pro EX+】の詳細はコチラ<<




 

独自のWホワイトニング成分配合!

【ブラニカ】の白くなる秘密は、独自のWホワイトニング成分です☆

白くなるメカニズムは、 歯に付着した着色汚れやステインを、天然鉱石由来のポリリン酸ピロリン酸が浮かせて落とす。板状ハイドロキシアパタイトがステイン以外の汚れを徹底的に取り除き、歯の表面を白くコーティング。色戻りを防ぎます!

ムースのような濃密泡をプラス!自然由来の泡立ち成分を新配合。

滑らかで濃密が泡が歯を包み込んで、効果的にホワイトニングを行ってくれるのです!


>>ハーバルホワイトニングトュースジェル【Blanica ブラニカ】の詳細はコチラ<<




 



関連記事

口臭の正体 もしかしたら病気が原因かも!? 困ったニオイの予防と対策
腸内環境悪化が臭いおならの原因? おならの秘密を検証します!!


<<<前の記事 糖質制限ダイエット成功への道☆コレを守れば必ず痩せる?糖質制限レシピとダイエットルールを紹介




↓今月のおすすめサプリ





現代の食生活トラブル

 

健康的な食生活をサポートするサプリ

 

生活習慣が与える影響

 

生活習慣改善に役立つサプリ

 

病気のリスクと予防法

 

病気のリスクから身を守るサプリ

 

見た目・みだしなみに関するお悩み

 

美しさを保ちたい人へのサプリ

 

男・女特有の心配事

 

男♂と女♀ 身体の悩み解決サプリ