美しさを保ちたい人へのサプリ

今までの酵素ではダメ!!?酵素と生酵素の決定的な違いを徹底比較!!

数年前からブームの酵素ダイエット。
酵素ドリンクで体内へ酵素を補給しつつ、ファスティング(断食)して、基礎代謝をUPさせダイエット・デトックス効果など様々な効果が得られると人気です。


しかし!!


酵素ドリンクの酵素は本当に十分な酵素が補給できているのでしょうか!!?
そんな疑問をもったきっかけが「生酵素」の登場です。


酵素の働き


酵素はワタシ達の体内に存在する消化酵素と代謝酵素、そして食物に含まれる食物酵素の3種類があります。


消化酵素とは、食べたものを消化するために必要な酵素。
デンプンを分解するのがアミラーゼ、たんぱく質を分解するのはプロテアーゼ、脂肪の分解はリパーゼという酵素が働きます。


代謝酵素とは、ワタシ達の生命を維持するために必要な酵素で、呼吸をしたり、筋肉を動かしたり、脳で考えることすべてに酵素が関わっているのです。生命を維持するために最低限必要な活動を維持するための代謝を基礎代謝と言います。
基礎代謝の中でも消費量が多いのが筋肉です。


筋肉を増やしたり鍛えたりすることで、基礎代謝量が増えて太りにくく痩せやすい体質になります。逆に筋肉量が少ないと基礎代謝が低く痩せにくい体質になります。


ワタシ達の体内に存在する酵素は、生まれた時がMAXで加齢に伴いどんどん減っていきます。
25歳を過ぎた頃から減り始め、40歳頃から急激に低下していき70歳代になると激減してしまいます。


食べ物を食べることで消化酵素として使用されていくので、暴飲暴食をすればするほど体内の酵素は減っていきます。結果、代謝酵素へ使う分も少なくなるため痩せにくくなる。ということにもなるのです。
加齢だけでなく、ストレスや食生活によっても酵素は不足してしまうのです。



そして、酵素は体内で産生することはできません。
もともと持っていたものは減る一方で体内の酵素を増やすためには、食物酵素を取り入れて補給することになります。


酵素を含む食品は基本的に加熱をしなくてもよい、野菜や果物中心です。
しかし、たくさん量を食べることは難しく必要量の酵素を補給することができないことのほうが多いです。



そこで、今注目されているのが「生酵素サプリ」です。


生酵素って??


生酵素とは、製造過程において加熱処理をしていない発酵食品のことです。


酵素は熱によって活性が変化します。
低温時には不活性。
40度以上のになると急激に弱り、非活性になり酵素が破壊・変性してしまうのです。
製造過程で1度でも高温になってしまうと、酵素は非活性になってしまい酵素は働きを失ってしますのです。


酵素が活性化する適温が37度。ワタシ達の体温程の温度です。


酵素の特徴を考え、酵素を壊さないように非加熱で酵素を抽出し加工したものが生酵素サプリなのです。


生酵素と酵素の違い

生酵素も酵素も酵素に間違いありません。
では、一体何がどう違うのでしょうか??


決定的な違いは、製造工程で加熱されているかされていないかの違いです。
これはが大きな違いであり、生酵素の特徴でもあります。


酵素の健康食品として代表的なものが酵素ドリンクです。酵素数〇〇個配合!などと表記してある商品もあります。
製造過程の段階では、たくさんの酵素が含まれているかもしれませんが、残念ながら酵素ドリンクになった時点でほとんどの酵素は壊れてしまっていると考えてもいいでしょう・・・


酵素ドリンクの商品区分は清涼飲料水。
清涼飲料水は食品衛生法の製造基準で「容器包装に充填し、密栓もしくは密閉した後殺菌・除菌をしなければならない。」とあり、最低でも65度以上で10分以上の加熱をすることが法令で義務付けられているのです。


酵素ドリンクは基本的に瓶詰めされている商品です。
確実に65度以上で10分間の加熱を強いられているわけですから、酵素ドリンクとして商品になった時点でほとんどの酵素は壊れてしまっているとことが想定出来てしまいます。


とはいえ、酵素には多くの種類があるので、高温で死活してしまう酵素もあれば活性する酵素もあるので、酵素ドリンクが全くダメ!!ということでもありません。


「生」とつく酵素は、ドリンクタイプの商品は存在しません。
基本的にタブレット(粒)タイプのサプリメントのみです。


酵素の状態を保ったまま、加熱処理をしなくても商品化できているのです。
そのため酵素ドリンクよりも多くの酵素が摂取できるのが生酵素と言われているんですね。


生酵素に期待できる効果

生酵素で期待できる効果はいくつかありますが、大きく5つ挙げてみます。


便秘解消・デットクス効果
腸内の酵素不足によって腸の動きが悪くなり、便秘が起こります。
生酵素を摂取することが直接的に便秘を解消するわけではなく、酵素を摂取することで腸の消化吸収を助け、腸内環境を整える働きで老廃物を排出し、便秘解消・デットクス効果を得られるのです。


ダイエット効果
上記でも少し触れましたが、酵素不足になると基礎代謝が下がり太りやすい体質になってしまいます。
酵素を摂取して増やしてあげることで、基礎代謝が上がり太りにくく痩せやすい体質じぇと変えてくれます。
脂肪を上手く燃焼でき、リバウンドしにくいのも生酵素サプリでのダイエットの特長です。



美肌効果・肌のターンオーバー活性化
酵素を補給することで、代謝酵素が増えて身体の代謝機能が回復されます。
美肌を作るためにも、代謝機能が重要で新陳代謝が高まることではだのターンオーバーが正常化され美肌になるのです。


冷え性改善効果
冷え性を改善するためには、代謝酵素が非常に重要なカギとなります。
代謝酵素は加齢によって減少し、細胞の生まれ変わりを促す酵素でもあります。
代謝酵素が体内に多ければ多いほど体温は高くなり、体質改善されて冷え性も改善されていくのです。


免疫力向上 
生酵素の健康効果として大きく期待されるのが免疫力の向上です。
ワタシ達の免疫機能は小腸に70%・大腸に10%と消化器官に存在しています。
免疫力を上げるためには、腸内環境を整えることが非常に重要です。


生酵素は、胃や腸の消化吸収を助け腸内環境を良くしてくれます。
そして、生酵素には多くの栄養素が含まれているので、風邪をひきにくくなった 自然治癒力の向上などの効果が得られるのです。


生酵素の効果をより引き出す飲み方

生酵素サプリを選ぶポイントがいくつかあります。


まずは形状。
タブレット(粒)・カプセルタイプの生酵素サプリが◎
加熱処理をしなくても製造できるため、多くの酵素を非加熱状態で摂取することが出来ます。


酵素ドリンクのように、ファスティングしなくてもいいのも生酵素サプリのメリットです。
もちろん、大きくダイエット効果を得るためには運動や多少のカロリー制限は必要でしょう。
しかし、ファスティングほど頑張らなくてもいい。のが生酵素の良さです。


生酵素を飲むタイミングは、自分のライフスタイルに合わせればいいのですが、1番ベストな状態が食前に水(ぬるま湯)で飲むことです。


食前に飲むことは、胃が空っぽの状態で生酵素を摂取するため、身体への吸収力が非常に高く、消化を助けてくれます。
もっともベストなタイミングが朝食前でしょう。
逆に、食後は酵素の吸収が弱まってしまうのでオススメできません。


身体にとっていいモノを摂取するなら、最高の状態で身体に取り入れて効果的に利用できるようにしたいですね☆


おすすめ生酵素サプリメント


モニター満足度・リピート率90.9%☆

16種のスーパーフルーツを含む120種類の天然植物のチカラを凝縮!!


3年以上伝統の製法で自然発酵・じっくり熟成した栄養価の高い高純度生酵素です。


酵素不足がぽっちゃりの原因。体質から改善するダイエット向け生酵素サプリメント【丸ごと熟成生酵素】


独自の特殊低温カプセル製法。
熱に弱い酵素を壊さないために、48度以上に熱をかけないようにカプセルへ詰め込みました。


1袋(60粒入) 通常価格→4552円
トクトクコース(定期)初回購入価格→0円 送料500円のみ☆
*2回目以降は13%OFF 3960円

>>【丸ごと熟成生酵素】の詳細はコチラ<<



 


累計販売数500万個突破!!

日本の伝統的発酵技術と細心のテクノロジーを融合した唯一の商品。


65種類の国産素材生酵素エキス・12種類の乳酸菌&ビフィズス菌・40種類以上の栄養成分をソフトカプセルにギュッと凝縮☆


生酵素エキスは100%旬の国産素材から四季の温度変化のみで発酵熟成させる「生酵素製法」で3年間じっくりゆっくりと作られました。


健康効果を求めるなら生酵素サプリメント【OM‐X】がおすすめです。


生酵素サプリ【OM‐X】】
通常価格 1箱(90粒入)→9150円
定期コース→8020円

お試しセット(7日分)→980円
*送料無料

>>【OM‐X(オーエム・エックス)】の詳細はコチラ<<



 



<<<前の記事 ワキガ・手汗・顔汗・・・ 汗とニオイが気になる女子必見!! オススメ対策グッズで女子力UP☆




↓今月のおすすめサプリ





現代の食生活トラブル

 

健康的な食生活をサポートするサプリ

 

生活習慣が与える影響

 

生活習慣改善に役立つサプリ

 

病気のリスクと予防法

 

病気のリスクから身を守るサプリ

 

見た目・みだしなみに関するお悩み

 

美しさを保ちたい人へのサプリ

 

男・女特有の心配事

 

男♂と女♀ 身体の悩み解決サプリ