科捜研の主婦の『コンビニ潜入捜査』

ダイエット中に飲むべき「飲み物/ドリンク」は?飲みもの1つで、カロリーオーバー?!

Q.ダイエットの真っ最中のあなたなら、どの飲み物を選びますか?

















A.ダイエットをしている人にとって、選ぶべき飲み物の答えは・・・順番に詳しく解説していきますね!





(A)コーヒー
ダイエット中にコーヒーなんて、絶対に良くない!と思われがちですが、コーヒーは、ブラックコーヒーであればダイエット中にも飲んでも大丈夫などころか、むしろ飲んだほうが良いと言われています。



これはちょっと驚きですよね。


コーヒーに含まれているカフェイン・クロロゲン酸により、脂肪分解効果&脂肪燃焼効果があると言われています。

その他、代謝を促進してむくみを解消したり、リラックス効果も期待されています。


また、最近では運動を行う30分前にコーヒーを飲むと、飲まない時と比較すると脂肪酸が燃え始めるのが早くなり、汗をかきやすくなり、運動を取り入れたダイエットには、コーヒーはかなり強力な味方となってくれそうですね。

ただ、はじめにも書きましたがコーヒーを飲むなら砂糖などは入れないで、ブラックで飲むこと。
砂糖を入れてしまうと、カロリーが高くなるだけではなく、カフェインの働きが妨害されるというデメリットもあります。


コーヒーには嬉しい効果がたくさんあるからといって、飲み過ぎるのは禁物です。
コーヒーを飲む量は、1日に多くても3杯までにしておきましょう。




(B)お茶
ひとくくりにお茶と言っても、その種類はほんとうに様々ですが、ダイエットにとっても良いお茶を紹介します。






まず「ウーロン茶」は、ポリフェノールによる肥満予防、基礎代謝UP、むくみ・便秘改善効果などどともに、テアニンによるリラックス効果もあると言われています。
まさにダイエット中にピッタリですよね!(*´ω`*)

「麦茶」には、ピラジンによる血流改善、亜鉛などミネラルによる美肌効果、むくみ予防効果などが期待されています。
「緑茶」は、カテキンによる免疫力up、糖尿病予防、脂肪燃焼効果が注目されており、「ジャスミン茶」には脂肪分解促進作用などがあります。



何気なく普段から飲んでいるお茶に、これだけ嬉しい効果があるなんて、びっくりじゃないですか?
これからは、意識してお茶を飲むようにしたいですね!




(C)ゼロカロリー飲料
ダイエット中の飲み物の選び方で失敗しないポイントは、まずはやはり最初に注意しなければいけないのが、カロリー。




ご存知の人も多いと思いますが、「ゼロカロリー・ノンカロリー」と書かれているドリンクであっても、本当にカロリーが一切ないわけではなく、100ml/100g当たりが5kcal未満の飲み物であれば0カロリー、ノンカロリーと表示できてしまいます。


もちろんカロリーが高いものを飲むよりは、ゼロカロリーだと思って大量にがぶがぶと飲んでいると、実はその分のカロリーによって、1日の目標カロリーを飲み物によってオーバーしていた!なんてことにもなりかねません。

飲み物のカロリーは、意外と見落としがちなのですが、ダイエット中でも1日に1Lから2L程度の水分を補給する必要があります。

ちりも積もれば山となりますから、0カロリー飲料を常飲するのはやめましょう。


またカロリーはゼロでも、人工甘味料が含まれているものも多いです。
この人工甘味料には、「アスパルテーム」や「スクラロース」などがあります。

人工甘味料を使用する理由は、人口甘味料であればかなり少量で甘みを出すことが可能なため、最近では飲料以外にもさまざまな食品に使われています。


"カロリーゼロだから太りにくい"と思われがちですが、実はそれも間違いで反対に太りやすくなり、
さらには味覚障害や鬱、腎臓機能低下、生殖機能障害などが起きる可能性があると指摘されています。


なぜ人工甘味料が太る原因になるのかというと、以前までは"人工甘味料はインスリンが分泌されない"と言われていましたが、人工甘味料でもインスリンは大量に分泌されることがわかりました。

インスリンが分泌されると、食べ物(飲み物)からエネルギーを作るために活動をし始めますが、人工甘味料には糖がないため、糖からエネルギーを作り出すことができません。

そうなると、エネルギーに変えられるものを取り入れようと、さらに食欲が増進されて、脳が満腹感を感じにくくなります。


またこの状態が習慣的に続くことで、甘いものを摂取してもエネルギーに変える必要がないものだと判定するようになってしまうため、人工甘味料ではないものを摂取したときにも、インスリンの働きが活発ではないため、食べたものがエネルギーに変換されにくく、結果太りやすくなるということです。

ゼロカロリー=飲んでも太らないというのは、間違いだと思います。




(D)スポーツドリンク
ダイエット中にスポーツドリンクは、あまりオススメしません。
ダイエットとともに運動をハードに行っている人であっても、スポーツドリンクを補給する必要はあまりないと言われています。




水分補給にスポーツドリンクを摂り入れるのは、もしかしたらなかなか痩せない原因の1つになっているかもしれません。

こちらのポカリスエットのように、スポーツドリンクにはかなりの量の糖分と塩分が含まれているため、必要以上に摂り過ぎてしまっている可能性があります。

飲み物から、極力余分な糖や塩分を摂らないためにも、ダイエット中にスポーツ飲料を飲むのはオススメしません。


●その他にダイエット中におすすめの飲み物


★水
ダイエット中であるかどうかはおいておいても、人が日常生活を送る上で一番良いのは、何と言っても「水」です。

女性の中には、水分を摂るとむくみが気になるから、あまり水分は摂りたくない・・・という人がいますね。


私たちの体の約60%は水分でできており、水分が不足すると血液がドロドロになったり、老廃物が溜まりやすくなることで代謝が悪くなったりと、体内の水分が不足することは、結局のところダイエットの妨げになります。

ただキンキンに冷えた水は、体を冷やしてしまいやすいため、冷たいものではなく常温またはぬるま湯くらいの温度の水がベストです。



また、朝起きた時に白湯を飲むことで代謝が上がりやすくなるのでおすすめです。




●関連ページ
ダイエット中にも飲んでいい「アルコール(お酒)」はどれ?ノンアルや発泡酒は?カロリーの違い
その「アイス」の選択が、ダイエット成功の"分かれ道"!太る?アイスの選び方





このエントリーをはてなブックマークに追加