科捜研の主婦の『コンビニ潜入捜査』

その「アイス」の選択が、ダイエット成功の"分かれ道"!太る?アイスの選び方

たとえこれからの季節に向けてダイエット中であっても、アイスだってたまには食べたい!!

そんな人も多いのではないでしょうか。





「コンビニで手軽に買えるアイスで、少しでもダイエット向きなアイスが知りたい!」という方のために、今回はコンビニアイスの中でも、ダイエット中に選ぶべきアイスはどんなアイスなのか?!を、私が検証してみました。


では早速・・・


Q.ダイエットの真っ最中のあなたなら、どのコンビニアイスを選びますか?

















A.ダイエットをしている人にとって、選ぶべきアイスの答えは、(C)ガリガリ君です!





アイスは、食品衛生法に基づく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」によって、定義やその成分により、(1)アイスクリーム、(2)アイスミルク、(3)ラクトアイス、(4)氷菓の4つの種類別に分けられています。

ダイエット中のアイス選びでは、パッケージの裏に表記されている、アイスの種類に注意することが、最も大切になってきます。


はじめに(1)アイスクリームとは、乳固形分が15%以上/乳脂肪分が8%以上のアイスのことで、4種類の中でも乳固形分・乳脂肪分が一番多く含まれています。

乳固形分とは乳製品中の水分以外の成分で、乳脂肪分とは乳固形分のうちバターやクリームなどの脂肪分です。
この乳固形分・乳脂肪分が多いほど、ミルクの甘みや風味・クリーミーさが強くなります。

アイスクリームに分類されるのは、ハーゲンダッツやピノ、PARM、レディーボーデン、MOW、牧場しぼりなどがあります。


こちらが、アイスクリームの分類にある(A)「ピノ」のカロリーと栄養です。







次に(2)アイスミルクは、乳固形分が10%以上/乳脂肪分は3%で、アイスクリームの次に乳成分が多いものです。
しかし、アイスミルクには乳成分を補うために、代わりに植物性脂肪が含まれているアイスもあります。

アイスミルクに分類されるのは、ジャイアントコーン、チョコモナカジャンボ、雪見だいふくなどがあります。


(D)アイスミルクの「チョコモナカジャンボ」のカロリーの詳細です。









(3)ラクトアイスは、乳固形分が3%以上のもので、上記の2つに比べて乳成分は低いものの、こちらも植物性脂肪が多く含まれているものが多いです。

ラクトアイスに分類されるのは、スーパーカップ、爽、パピコ、クーリッシュ、パナップなどです。


こちらは、(B)爽のカロリーと成分です。









最後に(4)氷菓とは、乳固形分が3%未満のアイスで、例えばそのまま果汁を使ったアイスやシャーベット状のタイプのアイスのことです。

氷菓に分類されるのは、ガリガリくん、スイカバー、あずきバー、メロンボール、アイスの実、シャビィ、ICE BOXなどです。


クイズの正解である、(C)氷菓のガリガリくんのカロリーです。





このように1本でたった69kcalしかなく、脂質も0gです。




このように、「(A)ピノ」は内容量60mlで186kcal、脂質は12g、「(D)チョコモナカジャンボ」は、内容量150mlで301kcal、脂質は16.7g、「(B)爽」は内容量190mlで230kcal、脂質は11.6g、「(C)ガリガリ君」が内容量110mlで69kcal、脂質は0gです。

こうして見ると、見るからにカロリーや脂質が異なってきますよね。


アイスのカロリーは、脂肪分(脂質)の多さにも比例しているため、一般的にはカロリーは(1)のアイスクリームが一番高く、(4)の氷菓が一番低くなっています。

というわけで、ダイエット中に選ぶべきなのは、(4)の氷菓に分類されるアイスが一番オススメということです。





もし、アイスクリームの分類の高カロリーのアイスを食べるのであれば、例えばそのカロリー分も1日の摂取目標カロリーの中に組み込み、ダイエットのご褒美としてもたまに食べるのはいいと思います。

アイスクリームなどの乳成分が高いアイスは、当然高カロリーではあるものの、食べることで得られる満足感も高くなると言われています。


ダイエットには、我慢がつきものだという人も多いですが、我慢が多いダイエットは続くわけがありません。
たまには、自分の好きなものを食べるというのも、ダイエット長続きの秘訣となりますよ。





もちろん、なるべく低脂質で低カロリーの氷菓を選ぶ方がいいですが、アイスクリームなどのカロリーの高いアイスを食べる場合は、なるべくサイズが小さいものを選ぶか、1度に全て完食しないで数回に分けて食べたりなど、工夫するようにしましょう。(*´ω`*)


ダイエット中は、アイスを食べる時間&タイミングにも気をつけて!


ダイエット中は、アイスの種類やカロリー、脂質だけに気をつけるのではなく、アイスを食べるタイミング・時間にも注意してください。

アイスは、人間の体温が1日の中で1番高くなると言われている、午後15時から18時の間に食べるのがいいと言われています。


夏場などは特にアイスが恋しくなりますが、アイスで急にお腹を冷やすのはよくないので、ちょうどティータイムの時間ですし、アイスを食べたあとには、必ず温かい飲み物を飲むようにするといいですよ。




満足感がほしい人のために、「カロリーコントロールアイス」がコンビニに売っている!


グリコから、「カロリーコントロールアイス」と言って、罪悪感にさよならして食べられるものとして、ラクトアイスにも関わらず80kcalのアイスがコンビニでも発売されています。

それがこちらです。







やはりパッケージにも堂々と「80kcal」と表示されていますね。


グリコのカロリーコントロールアイスには、「カップアイス」、「ジェラートアイス」、「モナカアイス」の3タイプがあり、カップアイスはバニラ&チョコクランチ、バニラ、ラムレーズンの3種類、ジェラートアイスにはブルーベリー&チーズ、チョコ&チョコの2種類、モナカアイスは抹茶あずきモナカ、いちごモナカ、チョコモナカの3種類があります。

かなり種類も豊富で、私が購入したのはカップアイスのバニラ味です。


このカップのカロリーコントロールアイスのバニラ味の栄養成分表示はこんな感じです。


カロリーは110mlあたり80kcalで、日本食品標準成分表2010に記載されている、普通脂肪のラクトアイスと比較すると、50%オフのカロリーになっています。

アイスなのに豆腐が使用されていて、食物繊維も1つあたり6gも含まれているそうです。


コンビニで手軽に購入できるのがいいですし、糖質が50%オフになっているにも関わらず、一般的なラクトアイスと変わらないほど、甘くて美味しいです。


アイスの分のカロリーを消費するためには、どれだけ運動することと同じなのか?


アイスを食べたカロリー分を消費しようと思うと、どれくらいの運動が必要になるんでしょうか。

そもそも、人間が1日のうちカロリーを消費するのは、運動などだけではなく、基礎代謝としても消費されますが、ここでは純粋に運動によって消費するカロリーと比較したいと思います。


例えば、アイスクリームの種別である「ピノ」を食べた場合のカロリーは186kcalです。
この186kcalを消費しようと思うと、ウォーキングを45分前後、ジョギングを30分前前後、なわとびを20分程度です。

アイスクリーム1つ食べただけでこれだけの運動が必要になると思うと、少しゾッとしますね。( ̄ε ̄;)





カロリーは普段から気にしていないと、すぐに摂り過ぎてしまいます。
ダイエット中には食べるアイスの種別、サイズなどに気を付けながら、なるべくストレスを少なく、好きなアイスと上手に付き合って行きたいですね。


ちなみに...アイスを一番食べているのは石川県民!!


参考までに、日本全国の中でアイスを食べているのは何県の人なのかな?と思い、私がちょっと調べてみたところ・・・。



(※2015年現在、公開されている最新のデータです)


私の想像は1年を通して比較的温かい地域である、沖縄県の方かな?と思ったんですが、私の予想とは真逆の結果となりました!( ̄ε ̄;)

こちらのとどランアイスクリーム・シャーベット消費量によると、「沖縄県」の人は、年間でアイスクリーム・シャーベットの購入・消費は5,369円で全国最下位という結果に。


また、全国でアイスクリーム・シャーベットの購入・消費が一番多いのは、9,431円で「石川県」で、その次が9,080円で「福井県」だそうです。


アナタの県は、いかがでしたか?


石川県民と福井県民の方は、普段からアイスクリームを食べることが多いようなので、特に気をつけてくださいね!(*´ω`*)




●関連ページ
ダイエット中の「おやつ/おつまみ」の選び方!太る原因になる?カロリーや脂質




このエントリーをはてなブックマークに追加